毎日シャワーは健康に悪影響? 週1、2回が健康


皮膚学の専門家いわく、人間は毎日シャワーを浴びなくてもいい

毎日シャワーを浴びるのは、実は多すぎるのかもしれません。実際頻繁にシャワーを浴びるのは、長い目で見て健康にいいわけではないようです。

Time誌の公衆衛生に関するコラムによると、毎日シャワーを浴びるのは、厳密な健康上の必要性というよりは社会規範が理由のようです。
私たちはシャワーを浴びて清潔にしている方が魅力的で好ましい、とそれらを結び付けて考えるので、気分を良くしようと頻繁にシャワーを浴びる傾向があるようです。
しかしながら、厳密な衛生上の理由からすると、ライフスタイルにもよりますが週1、2回ほどのシャワーでも十分なのです。

では理想的なシャワーの回数はどれくらいでしょうか? 見た目や臭いは置いておいて、健康という視点から考えると週1、2回であると
ジョージワシントン大学皮膚科学の准教授であるC. Brandon Mitchell博士は話しています。「人間の身体はもともと油分で覆われている物なので、
毎日シャワーを浴びる必要はないのです」と、述べています。

Mitchell博士は、「私は毎日シャワーを浴びるという患者さんには、身体全体に石けんをつけないでと話しています」と言います。
臭いの強い分泌液を出す脇の下、臀部、股間は丁寧に洗ってもいいですが、他の部分はそれほど石けんで洗う必要はないのです、と。

お湯にあまりに長いこと浸かっていたり、石けんやブラシでごしごし洗ったりすると肌から水分が奪われ、裂け目ができ、感染症や細菌感染を引き起こす原因となることがあります。
また、肌を健康にしている身体の天然油成分が剥がれ落ちてしまいます。ですから、見苦しくない姿でいたいということであっても、
長い目で見て肌を痛めつけないよう、洗うのはほどほどにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です